14年使った机をメタルラックに替えた話

引っ越して丸14年。
その間、ずっと使い続けていた奥行きの狭い机を買い換えることにした。

机を変えようと、実は5年ぐらい考えていたものの、なかなか踏ん切りがつかずがずっと続いていたものの、ふとメタルラックを実家で使っていたことを思い出してメタルラックを机の代わりにして天板を置いて使うことに決めた。

大きなサイズのメタルラックの耐荷重量が250kgで載っても大丈夫、パーツの組み合わせで色々できるということで、150cm×60cmサイズ。

メタルラックな机

誤算は届いたポールが10cm想定より短くて、急遽売っているところをネット→電話で在庫確認で探し、1時間半ぐらいロスしてしまったところと、それまで使っていたモニターアームの天板に挟むところがサイズ的に無理だと気づいたところ。

その辺りはディスプレイを一つ替えようと思っているのでその時に対応するとして、エンジニア座りで仕事ができるようになった&テレビが見られるようになったので満足度かなり高いです。

棚板に隙間があるのでラップトップの放熱も良く、大きなキャスターをつけて移動も楽になったので掃除もはかどりそう。

余ったポールと棚板を新たに買えばラックが作れるので、いらない積まれている本を捨ててからまた組み立ての予定。

30-70%のコスト(パワー)マネージメント

要点

スキルアップとは別軸で30%のパワーコストでできる量・質を上げることで生産性を上げ、そして普段は70%のパワーコストで対応することで、何かあった時に対応するための30%を余剰として残すようにする。

常に100%でやろうとするとどこかで燃え尽きる

何か新しいことではなく、既存の何かを使い、慣れるためもしくは応用できる選択肢を増やすためなど、時と場合によることはあるものの、30%ぐらいのパワーでできることをするようにしています。

100%使ってとなると調べることが増えたり、何を選ぶのか必要以上に悩んだりすることが多く、また完成したところで達成感に満ち溢れて燃え尽きる=疲れてしまうので、それを防ぐ意味でも、心も身体も余裕のある状態を常に持ち続けられる30%を心がけています。

30%でも繰り返しできることや時間をかけないようにすることで基礎のベースが出来上がってきます。

新しいことに取り組むときの30%

新しい技術や方法を試すときも30%をベースに考え、片っ端からやっていくのではなく、3歩進んで2歩下がるようなフローを短いスパンと回数を繰り返すことで着実に身につく・実際に使える状態になれるよう取り組むようにしています。

普段の仕事は70%で取り組む

30%の余剰を残すことで何かアクシデントがあっても対応できる状態を常にキープする。ギリギリでやることは、それに対して突き進むことができ、成長している気持ちになりますが、何かあって玉砕されると取り返しがつかないことになる場合があるので、そのリスクを考えれば30%余剰を残しておくことは決して悪い選択肢ではないと考え、行動しています。そのため何かアクシデントやインシデント状態になっても着実に対応できる状態がキープできています。

最近の週末の過ごし方と吉祥寺

久しぶりに日記みたいなもの

土曜日はほぼ必ずどこかへ出かける・代官山〜築地

先週末は7時前には起きて、毛布を洗濯、帰宅までに乾燥できるようにして、8時過ぎに家を出て、井の頭線で渋谷駅、東急トランセのバスで代官山のT-Siteでデザイン誌を漁りにいったものの、目当てのものがなく、そのまま東横線と銀座線を乗り継ぎ、一旦新橋にでてから、バスで築地へ行き、廻る寿司など。
代官山の店先で見つけたタイル
代官山の店先で見つけたタイル。ずっとインベーダーだと思っていたら一番端が円だった。

帰宅後、毛布はだいたい乾燥していたが、洗濯槽がそろそろ???のようだったのでそのまま洗濯槽洗浄。

日曜日はだいたい下北沢〜吉祥寺

駅に行く途中にある美容室で髪を切り、そのあと下北沢のベーグル屋さんでベーグルを買い、LIGHT UP COFFEE SHIMOKITAZAWAでコーヒーを飲みながらベーグルを食べたが、寒かった。
ベーグル
そのあと、電車で井の頭公園へ行き、ひたすら梅を撮り、吉祥寺のLIGHT UP COFFEEでラテを飲んでから晩御飯の惣菜を買ったり、ドラッグストアへ行き、帰って食事したあとは確定申告の準備をひたすら・・・
梅

そして、長らく使っていた机もボロボロなのでアイリスオーヤマのメタルラックベースで机を作るためにいろいろ注文(おわり)

2018/01/31の皆既月食

もっと鈍く撮れるかとおもっていたら、思いの外よく撮れていました。

皆既月食が始まった時

月食で完全に陰で覆われると本当に赤黒い色になっていました。

皆既月食中

Adobe Lightroom CCなどで現像してしまえば、もっと明るい状態にもできるのですが、目に見えた状態になるべく近い状態に調整しました。

PENTAX K70 + タムロン望遠レンズで撮影

三脚は使わず、そのままで、タムロンの望遠レンズで撮影。

直近でこのサイトでやろうとしていること

この数日〜数ヶ月で実装しようとしているもの

  • HTMLのユニコードエスケープ
  • plan / プラン、見積もり額表示のコンテンツ再開
  • コーヒー系のプログラム

プラン・見積もりはパッケージのような形で業務別に分けた上で係数をつけ、画面ごとに割り出すようなロジックで計算できないかを考え中です。
コーヒー系のプログラムはものすごく使いやすいなど明確なメリットが出せれば公開・・・

私のiPhone、iPad Pro、そしてMacBook

iPhoneとiPad Pro、iPad ProとMacBookの用途は一部かぶるが、本質的には別物とわかった。

私はiPhoneで写真を撮るもしくは取り込み、iPad Proで細かなところまで調整、補正、現像し、載せるための何かをMacBookを使って開発、コーディングする。

録画したテレビ番組をiPadへダビングして年始に帰省した時、見ることができそうで、それが楽しみ。

アウター。

昔はPコートを選ぶ多かったけれど、去年あたりからMA-1を知り、気づけばL-2B、N-3Bと揃えてしまっていた。

最近はヒートテックやケミカルコットンのおかげで、モコモコにならずにすむ暖かいジャケットやコートが増え、満足できている。