30-70%のコスト(パワー)マネージメント

要点

スキルアップとは別軸で30%のパワーコストでできる量・質を上げることで生産性を上げ、そして普段は70%のパワーコストで対応することで、何かあった時に対応するための30%を余剰として残すようにする。

常に100%でやろうとするとどこかで燃え尽きる

何か新しいことではなく、既存の何かを使い、慣れるためもしくは応用できる選択肢を増やすためなど、時と場合によることはあるものの、30%ぐらいのパワーでできることをするようにしています。

100%使ってとなると調べることが増えたり、何を選ぶのか必要以上に悩んだりすることが多く、また完成したところで達成感に満ち溢れて燃え尽きる=疲れてしまうので、それを防ぐ意味でも、心も身体も余裕のある状態を常に持ち続けられる30%を心がけています。

30%でも繰り返しできることや時間をかけないようにすることで基礎のベースが出来上がってきます。

新しいことに取り組むときの30%

新しい技術や方法を試すときも30%をベースに考え、片っ端からやっていくのではなく、3歩進んで2歩下がるようなフローを短いスパンと回数を繰り返すことで着実に身につく・実際に使える状態になれるよう取り組むようにしています。

普段の仕事は70%で取り組む

30%の余剰を残すことで何かアクシデントがあっても対応できる状態を常にキープする。ギリギリでやることは、それに対して突き進むことができ、成長している気持ちになりますが、何かあって玉砕されると取り返しがつかないことになる場合があるので、そのリスクを考えれば30%余剰を残しておくことは決して悪い選択肢ではないと考え、行動しています。そのため何かアクシデントやインシデント状態になっても着実に対応できる状態がキープできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です